TOP > 医学部の予備校情報!東京編 > 一定の学力がある人が東京で医学部合格のための予備校を選ぶ

一定の学力がある人が東京で医学部合格のための予備校を選ぶ

高校を卒業した後には大学に進学を希望する人がいますが、無事入学試験に合格できた人もいればできない人もいます。
合格できない人にはいろいろな学力の人がいて、あと一歩の差で合格を逃した人もいればかなり学力が劣るために合格できなかった人もいます。
あと一歩の差の人はそれなりに学力を備えているでしょうから、今の学力を維持しつつさらにもう少し学力アップをすれば合格に到達できるかもしれません。
大学の医学部となると国公立はどの学校でも超難関とされていて、私立でも最も低い偏差値の学校でも難関大学レベルの学力がないと突破できません。
このときにもう少しで合格を逃してしまった人はどんな対応をすればよいかです。
医学部を専門的に狙える予備校もあれば、大手と言われる標準的な予備校もあるでしょう。


医学部は他の学部とはかなり違いがあるとされ、理系の中でも特殊な対応をしなければならないとされます。
そのために医学部のみを専門的に対応する予備校もあれば、医学部や薬学部など医療系の学部に特化した予備校もあります。
東京においてはそれらの予備校の他に大手予備校があり、こちらの上級クラス等であれば医学部向けのコースが用意されています。
もし一定の学力がある人であれば、大手予備校の医学部コースを選ぶのが良いかも知れません。
医学部専門の予備校は学費が非常に高くなるところが多く、1年で数百万円から1千万円近くかかることもあります。
もちろんそれなりにサポートがありますが、一定の学力がある人だとそこまで必要ないでしょう。
大手予備校でも医学部コースは通常のコースよりも高くなりますが、100万円程度で利用できるところが多いです。


大手予備校の医学部コースの特徴として、超エリートに対応したコースと言えるでしょう。
つまりは一定の学力を備えた人が受けるのを前提としたコースになります。
もしかなり学力が劣る人がこちらを選んでしまうと、授業についていけなくなり、何年通っても成績アップにつながらないかもしれません。
超エリートの人がさらに実力をアップするためのカリキュラムが組まれているので、それを知った上で入学しなければいけません。
予備校によっては選抜試験などが用意されていて、それに合格しないと入学できないこともあります。
大手予備校でも少人数制で授業が行われるので誰でも入ることはできません。
一旦入学すると大手予備校ならではの情報や教材を利用した授業が受けられます。
学力がある人であれば選んでみると良いでしょう。

次の記事へ