TOP > 医学部の予備校情報!東京編 > 学力が足りない人が東京で医学部向けの予備校を探す

学力が足りない人が東京で医学部向けの予備校を探す

医師になるには大学の医学部を卒業して医師国家試験に合格するしか道がありません。
ですからまず第一関門として大学の医学部に入学する必要があります。
全国の多くの国公立大学に医学部があり、さらに有名私大の医学部、医学部のみの単科大学などがあります。
医師を養成する学校になるので各学校の定員はあまり多くなく、その分合格率も低くなります。
全国においてトップクラスの学力を持つ人が受ける中で受験に勝ち残る必要があり、簡単に合格することはできません。
高校時代に受験をすればある程度自分自身がどれくらいの実力なのかが分かるでしょうが、それでも将来的に医学部に進学したいのであればそれに向けた取り組みが必要になります。
学力が圧倒的に足りていない人が独学で医学部を目指すのはかなり難しく、予備校を利用しないといけないでしょう。


東京であれば非常に多くの予備校があり、大手予備校の医学部クラスから医学部を専門とした予備校もあります。
大手予備校の医学部クラスはかなりレベルが高くなるため、学力が足りない人が行ってもついて行くのが難しいでしょう。
そこで利用したいのが医学部専門の予備校になります。
医学部専門と言っているだけあって基本的には医学部を目指すコースしかありません。
その中でもいくつかのコースに分かれていて、大手予備校と同じようにエリートが集まるクラス、私立の下の方なら何とか合格できるレベルにある人が集まるクラス、高卒時点で全く合格レベルに達していない人が集まるクラスなどもあります。
低いレベルになると中学の内容から対応してくれるところもあるので、高校で一切勉強していなかった人でも将来合格できる可能性があります。


学力が圧倒的に足りない人においては1年で合格するのが難しい時もあります。
最初から2年から3年勉強するのを前提に授業を設定してくれるところもあります。
学力が足りない人に医学部用の授業を行っても無駄で、まずは医学部向けの授業についていける学力が必要になるからです。
その分数年後に学力が十分に上がり、合格レベルまで達する人も出てきます。
医学部専門の予備校は学費が年間数百万円から1千万円近いところもあり、通常の予備校に比べてもかなり高額と感じるかもしれません。
それは少人数に対応していたり一部個別授業なども行われるためです。
一人一人に手厚いサポートをしてくれるので、確実に実力をアップさせてくれるでしょう。
勉強環境が整っているところとしては全寮制のところがあり、こちらも学費を含めた費用が高くなります。

次の記事へ