TOP > 医学部の予備校情報!東京編 > 私立の医学部の受験に特化した東京の予備校

私立の医学部の受験に特化した東京の予備校

大学には国公立と私立があり、国公立は基本的にはどの学部でも授業料が同じに設定されています。
医学部は6年制ですが授業料自体は他の学部とほとんど同じです。
4年制に比べると2年多くなる分学費は多くなりますが、私立に比べるとかなり安く学べる学校と言えるでしょう。
では私立大学はどうかですが、基本的には6年で総額数千万円以上の授業料がかかります。
つまり1年で数百万円以上の授業料などがかかるため、授業料をしっかり払えなければ入学して勉強することはできません。
私立大学の一部に奨学金制度や免除制度、元々他の私立の医学部に比べて授業料が安いところなども選べるので、負担できる金額に応じて選ぶ必要があるでしょう。
難易度自体は私立でも国公立並みに名高くなっているので、入学試験に合格するのは容易ではありません。


医学部の合格を目指すのであれば、まずは国公立を目指すのか私立のみを目指すのかを決める必要があります。
国公立だと学校独自の試験の他に共通の試験を受ける必要があります。
各大学によって科目が異なるものの、文系科目なども勉強する必要があります。
一方私立大学は基本的には学校独自の試験のみで、文系科目の数も少なくなります。
試験科目が少ないので勉強の負担もおのずと少なくなり、勉強量も少なくできるでしょう。
東京の予備校においては医学部コースが設定されているところを選ぶことになりますが、私立大学のみの受験であれば私立大学の受験に特化したところを選ぶ方が良いでしょう。
国公立で勉強しないといけない授業がカリキュラムに入っていないので、数学や理科、英語を中心にした授業を効率的に受けることができます。


国公立も私立も対応している学校はその分多くの情報を持っていますが、私立大学のみを目指す学校は私立の情報が充実しています。
全国にある私立の医学部に対応しやすくなるので、志望校対策もしやすくなるかもしれません。
医学部の受験では学科試験の他に面接や小論文などが課されるケースがあり、その対策も重要になってきます。
私立の医学部を専門的に対応しているところであれば、各学校ごとの学科試験対策の他に面接や小論文対策もしてくれます。
私立大学はそれぞれの学校で特徴が出やすくなることがあり、複数の大学を受験するときにそれぞれの対策をきちんとしておく必要があるでしょう。
国公立だと受験できる大学に限度がありますが、私立大学なら日程が合えばいろいろな大学の受験ができます。
受験する大学の対策をしっかりできるところが良いでしょう。

次の記事へ